FX初心者の方必見!これさえ理解できればすぐにFXが始められる用語、ご紹介します

>

「ローソク足」は日本発祥の「チャート」

まず「チャート」を日本語に訳すと、「図表」や「グラフ」となります。ただ「FXの(チャート)」となると「通貨の価格の上がり下がりの動きをグラフ化したもの」となります。

また「FXの(チャート)」には「ローソク足」や「ボリンジャーバンド」、「ストキャスティクス」などいろいろな表記がありますが、ここでは基本中の基本の「ローソク足」をご紹介します。

皆さんは「ローソク足」を見たことがありますか?名称の通り「ローソク」のような見た目に、上下に「ヒゲ」のようなものがでているものです。

ところで「FX」は名称をみれば一目瞭然、日本でできたものではありません。しかし「ローソク足」は江戸時代にできたもの。しかも現在、世界中で用いられています。それを知ると、同じ日本人として誇りを感じますよね?

「ローソク足」の基本的な見方について

ところで「ローソク足」ですが、まず「ローソク」の色自体に白黒の違いがありますが、これにはもちろん意味があります。あと「ローソク」の上下にはヒゲ、そのヒゲには長短の違いがあります。これらにも、もちろんちゃんとした理由が。

まず「ローソクの色」について。まず「白いローソク」は「取引が始まったときより、終わったときの方が値段が高いこと」を表しています。逆に「黒いローソク」は「取引が終わった後の方が、始まったときより安いこと」を表しています。

上のヒゲは「値段が上がったこと」、下のヒゲは「値段が下がったこと」を意味します。このように「ローソク足」の違いを見ることができれば、通貨の値動きを予想することができるのです。

あとこの「ローソク足」は、「1日」「1週間」「1か月」「1年」の動向を表す「日足」「週足」「月足」「年足」があり、その期間の大まかな値の動きを表しています。


「チャート」の「ローソク足」ってなに?

この記事をシェアする