FX初心者の方必見!これさえ理解できればすぐにFXが始められる用語、ご紹介します

基本的な用語分かってますか?FXをもっと知ってみましょう

きっと中学生にも理解できるFXのお話

近年、景気が回復していると言われて久しいです。その一方で賃金の値上げは非常に緩やか。それに対して生活必需品の価格高騰は容赦なく続いています。
そこで少しでも手元にお金を残そうとして銀行にお金を預けても、金利はまさに「すずめの涙」ほどですし、かと言って「タンス預金」ではその「すずめの涙」ほどの金利すら付きません。

しかもコンビニや銀行で時間外にお金をおろしたりすれば、むしろ手数料を取られる始末。なので最悪の場合、預金額が手数料でマイナスになる…なんて方がいるかもしれません。
そんなとき少しでもお金を増やそうとして多くの方が購入を検討するのが、「株式投資・投資信託・社債・FX」などではないでしょうか。

これらの中でも特に魅力的なのが「FX」。その理由を簡単に説明すると「少ない資金でも、最大25倍の利益が出る可能性があるから」。つまり10万円の資金が、運用次第で250万円になるかもしれないのです。そんな背景もあってか、今大学生や主婦が盛んにFXを購入しているともっぱらの話題になっています。

このシステムはFXの最大の特徴。運用次第ではありますが、この低金利時代に夢のような話ですよね?しかしひとつだけ「絶対」と言えることがあります。それは「FXをしなければ、その(恩恵)は受けられないこと」。

でも一念発起で「じゃあ、FXを始めよう!」と思っても、「FXって何?」という方にとってFXを始めること自体、非常にハードルの高いことではないでしょうか。

そこでここでは、今さら聞けないFXについて「円高」や「円安」を初めて習う中学生にも分かるようにやさしくご紹介します。併せてFXを始めるにあたって、最低限押さえておくべき基本用語をいくつかピックアップ。その基本用語もわかりやすくお伝えします。

初めての方にも分かるFXの基本用語、まとめてご紹介します!

景気が良くなったとテレビやパソコンで報じられていますが、いつまで経っても預金の金利は上がらず。逆に痛感することと言えばバターや小麦粉など日常品の「値上がり」ばかり。 そんな中、少しでも手元のお金を増やしたい方におすすめなのが「FX」。 ここでは初心者の方にも始めて貰えるように分かりやすくご紹介します。

絶対に押さえておくべき「レバレッジ」

数あるFX関連用語で絶対に外せない単語の筆頭がこの「レバレッジ」。「レバレッジ」は良い意味でも注意すべき点でも「FXの特徴」と言っても過言ではない言葉です。 ここでは「レバレッジ」はFXの最重要単語ということで、1ページまるごと使ってその内容をご紹介します。

「チャート」の「ローソク足」ってなに?

「FXのレバレッジ」が分かれば、FXのことがおおよそ理解できたといっても過言ではありません。しかしFXを始めるために「チャート」が見れないと取引は不可能。中でも「ローソク足」は基本中の基本です。 ここでは「レバレッジ」同様、1ページたっぷり使って「FXのチャート」の「ローソク足」についてご説明します。